精神的な病気に効果がある抗うつ剤の効果を知ろう!

心療内科への通院費

服用

診察方法や薬の種類

診療内科に通院している方はたくさんいます。診療内科では抗うつ剤をはじめ、いろいろな薬を処方してもらえます。通院したことがない人にとっては診察代や薬代の費用がどのくらいかかるのか、またどんな効果がある薬を処方してもらえるのかあまりわからないはずです。診察代は健康保険が適用されて千五百円くらいが相場です。診療内科の診察のやり方は風邪をひいた方の診察とはちょっと違います。医者は患者が現在どんな状況なのかを少し詳しく聞きます。どんな仕事なのか、家族構成、時には経済状況も聞いた上で処方すべき薬を処方します。医者がうつ病と診断したならば抗うつ剤が処方されます。抗うつ剤といっても様々種類のくすりがあります。寝る前に服用し、次の日の朝からの憂鬱な気持ちを和らげるものや、昼間に服用し日中の憂鬱な気分を和らげるものなどがあります。医者が初めて診療内科を訪れるうつ病の患者さんに処方する薬は普通は2種類です。一つは抗うつ剤で、もう一つは睡眠導入剤です。種類を多くすれば効果が大きくなりますが、副作用がある薬もあるので余程の事がない限り2種類程度を処方して様子をみます。薬代は健康保険を使った場合で三千円前後です。一回の通院で五千円程度の費用がかかります。もし、費用が高いと感じたならば、医者に相談するべきです。抗うつ剤や睡眠導入剤は全て同じ値段ではありません。似たような効果がある薬でも高いものもあれば安いものもあります。また、診療内科に通う時に注意したいことは様々な医者がいて、処方する薬も違うということです。もし、何度か通院して症状がよくなっていると感じないのであれば、迷わず他の病院を探すことをお勧めします。診療内科の医者と患者の距離はほかの専門医より近いものになります。診察を受けずに処方箋だけを出してくれる病院は多いですが、必ず診察をしてから処方箋をだす病院もあります。医者との相性がいい悪いという問題が発生することも珍しくありません。もし、処方されていた薬との相性がいいのであれば、他の診療内科に行った時に薬の名前をいうか、以前の処方箋をみせて下さい。要求すれば同じ薬を処方してくれるケースがほとんどです。

Back to Top