精神的な病気に効果がある抗うつ剤の効果を知ろう!

半数以上の人に効果あり

服用 うつ病の治療目的の一つは脳の機能を改善することです。その助けとなるのが抗うつ薬による薬物治療です。抗うつ剤は数種類あり、それぞれ一長一短ですので1種で満足できなかったから回復をあきらめるのでなく、別の種類も試してみることが大事です。

Read More

主治医の指示に従うこと

聴診器

抗うつ剤で副作用が出た場合でも、患者の自己判断で服用を中止することはあってはならず、必ず主治医の指示に従うべきです。近年は副作用の少ない新型の薬も登場しており、根気よく治療を続ければ殆どの人が抗うつ剤で治ると言われています。

Read More

薬代を安く抑えたいなら

薬

サポート制度はあるのか

うつ病の治療が長くなると家計への負担も大きくなります。とくに治療のために仕事を休むとなれば収入が減り、経済的な負担はさらなる心の負担につながります。抗うつ剤は服用後に効果が出てからも症状が安定するまでおよそ6か月以上は飲み続けるのが通常です。自己負担額だけでも一か月に数千円になります。また、復職したとしても抗うつ剤は飲み続けることがほとんどなので費用はさらにかさむ可能性が高いです。薬代を安く抑える方法として代表的なのはジェネリック医薬品への切り替えがあります。ジェネリック医薬品を仮に選択したとしても本人が支払う金額が劇的に安くなるとはいえませんが、2週間分でおよそ数百円の差です。製品への信頼度やブランド力を考慮して先行製品が選ばれやすいですが、ジェネリック医薬品に興味があれば主治医に相談してみることで解決できます。また、もっと出費の減りを実感できる方法として、公的な制度の利用があります。大きなものでは自立支援医療費制度です。病院に通院し抗うつ剤による薬物治療などを行っているうつ病患者でも申請でき、実際に審査が通って利用している人もいます。安心して必要な医療を受けられるように設けられた制度でとくに所得が低い人には負担が軽減される仕組みです。自立支援医療費制度を活用できれば、医療費の自己負担を1割に軽減できます。通常は3割負担ですから3分の1にセーブでき、残りは公費負担で国が支払ってくれるわけです。この制度の対象になる費用は病院に行った時にかかる診察料のほか、抗うつ剤などの薬代はもちろん、往診や訪問看護、デイケア代まで幅広くカバーされます。1割負担ですむ上に、低所得者の場合、自己負担で支払う月の上限額が決まっていて、これには3段階あり、生活保護世帯はゼロ、年収が80万円以下の場合は自己負担の上限額は月2500円、年収が80万円以上で低所得に該当する人は上限が月額5000円という仕組みです。加えて、自治体によっては独自の支援制度を設けているところもあるので、さらに負担が軽減できる可能性もあります。

気分を落ち着ける

薬

うつ病の人は、精神科や心療内科で適切な薬を処方してもらいましょう。一般的には薬物療法となります。特に、抗うつ剤を服用すると心身の様々な症状を緩和させることができるので楽です。体に合うと、日常生活も普通に送ることができます。

Read More

憂鬱な気持ちを薬で解決

相談

現代社会のストレスにより、毎日を憂鬱な気持ちや不安な気持ちで過ごしている人は多くなりました。抗うつ剤は医者から処方された薬を適量飲めば、憂鬱な気持ちを解消し寝つきなどもよくなります。正しい飲み方をすれば、とても効果のある薬です。

Read More

心療内科への通院費

服用

診療内科で処方してもらえる抗うつ剤は様々な種類があり、値段が違います。一回の通院でかかる費用の相場は薬代込みで五千円くらいですが、値段の安い抗うつ剤を処方してもらうことで費用をかなり安くすることができます。

Read More

Back to Top